あなたの人生は今何時?

こんにちは、MSLABOです。

私事で申し訳ないのですが、年食ったなーと感じる年齢になりました。アラサー(30代前後)はとっくの昔に過ぎ去り、アラフォー(40代前後)も通り越し、気がつけばアラフィフ(50代前後)です(汗)。

年老いた?年をとると、老眼になります。私は近眼なのですが、近眼の人は老眼にならないというのはどうやらデマだったようで、しっかりと老眼になりました(泣)。

一方で、年をとり体力的には衰えても、気力十分、知識と経験に物を言わせて最前線で活躍をされている方も見えます。

私の会社の先輩でも、60歳で定年退職したあとに個人事業主としてシステム開発に携わってみえる方がいます。変化の激しいIT業界にあって、60歳オーバーで現役とは本当にすごい事です。

250674
(画像URL:illust-AC 様:きのこさん)

今何時そんな中、インターネットで気になる話題を見つけました。人生時計という話です。

寿命がいつまでなのかには個人差があります。人によっては100歳まで元気でみえる方もいらっしゃいますよね。

ここでは大雑把に元気で動ける年齢を80歳までと考えてみます。80年の「人生」を「時計の24時間」に当てはめるとどうなるか?という話です。夜中の0時に誕生し、ぐるりと24時間たった24時ちょうどが80歳と考えます。

ちなみに自分は人生時計で何時なのか・・・そう思われた方は 株式会社デック 様の「人生の時計サイト」で簡単に調べることができます。デック様のサイトでは、なんと男女別に人生の時間を計算してくれます(笑)。

18歳までの青春時代は朝の5時過ぎです。まだ暗く、眠い時間です。
22歳で大学を卒業する頃でも朝の6時半過ぎ。ようやく夜が明け始める時間でしょうか?。
30歳で結婚したとして、その時点がちょうど朝の9時頃になります。現実社会では会社に出勤し、働き始める時間帯となります。

40歳を迎える頃、ようやく昼の12時過ぎです。昼飯時ですね。一息入れてお腹を満たしたくなる時間です。昼飯も食べずに働く人もいそうですよね。
50歳でだいたい午後3時。おやつの時間です(笑)。まだ帰宅時間までには少しあります。
60歳を迎える頃に夕方の18時となります。そろそろ帰宅して夕飯の準備にとりかかる頃でしょうか?。

63歳で夕方の19時。夕飯をすませ、家族と過ごす時間となります。
70歳で夜の21時。のんびりとTVでも見ながらくつろぐ時間ですね。
76歳でようやく夜の23時。1日を振り返りながら、人によってはそろそろ眠くなる時間です。
そして80歳で夜中の24時。仮に設定した寿命ということになります。

252549
(画像URL:illust-AC 様:poohさん)

絶望には早過ぎる10代で早くも人生に絶望する事があります。でも本当にもったいないですよね。

10代なんてまだ夜明け前です。これから1日が始まる時間帯です。1日が始まってスグの段階で、あきらめてしまう必要なんて全然ありません。多少寝坊をしても、会社に遅刻しそうになっても、どうということはないのです

そうかと思えば40歳になる頃には、すっかりクタビレてしまい、人生を悲観し、出世街道からも外れて、ローンを抱えながら暗くなっているオジサマ、オバサマも大勢みえます。あ、まるでちょっと前の自分ですね、これ・・・(汗)。

人生時計で考えるなら、これもまた非常にもったいない事です。40歳といっても、人生時計ではまだ昼を過ぎたばかりなんですから。お昼ご飯でも食べて一息つきましょう。午前中の仕事で不十分だった箇所を振り返りながら、午後また頑張ればいいんです

60歳を過ぎてもバリバリと働いて見える私の先輩のような方は、例えるなら残業中といったところでしょうか(笑)。さすがに夜の21時を過ぎるまで残業するのは厳しいですが、20時ごろまでなら、まだ十分働けそうです。

そして21時も過ぎたなら、のんびりと人生の余暇を楽しみながら、1日を振り返る余裕がある人生が良いですよね?。

『人の時間には限りがある。だから他人の人生を生きて時間をムダにするな。』
ステーヴ・ジョブズ スティーヴ・ジョブズ:実業家(Apple社創始者)

人生を時計になぞらえて考えてみると、人生は思いの外長い事がわかります。

人生これからだ40歳だろうと50歳だろうと、まだまだ一花咲かせることができそうです。少々残業しても良いなら、もう一仕事できますよね。そう考えると、なんだか内側から元気が湧いてくるようです。

その一方で、人生の時間は限られているのだから、「自分の人生を生きる」事を大切にしなければいけないとも思います。

私は今まで自分の感情にフタをし、「自分はどうなりたいのか」をあまり考えずに生きてきました。不安や恐怖にかられ、安全に無難にミスしないようにと、そんな事ばかり考えてきました。そんな人生は「他人の価値観を生きる人生」だったのかもしれません。

ずいぶんと時間の無駄をした気がしますが、まだ15時前です。これからの人生で時間をどのように使うべきか、よく考えたいところです。

また、自分の両親の年齢を考えると、一家団欒のんびりと過ごしたい時間帯である事に気が付きます。私達を一生懸命育ててくれて、1日の仕事を十分にこなし、ようやく一息つける時間帯になった両親。

『自分の財産と時間の5割は自分のために、3割は家族のために、2割は困っている人たちのために使うのは当たり前のこと』
山田 泉 山田 泉:元養護教諭、いのちの授業実践者

偉人の言葉が心に刺さります。

せめて親孝行をして、ゆっくりとくつろげる時間にしてあげなくてはいけないと思わせていただきました。

あなたの人生はいま何時でしょうか?。まだまだ活躍できそうな時間帯でしょうか?。それとも、余暇をゆっくりと過ごしたい時間帯でしょうか?。

あなたの時間が何時であっても、その人生は「あなたの人生」です。どうせ同じ24時間を過ごすのなら、自分も他人も共に楽しくなるように過ごし、1日を終える頃には「よかったなぁ」と言える人生にしたいですね

名古屋:伏見のオフィスより感謝を込めて。

長い文章を読んで頂き、ありがとうございます。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。


img2
今日の学び:人生はこれから!。もうひと頑張り。
今日の箴言:
スティーブ・ジョブズ:Apple創始者
山田 泉:元養護教諭、いのちの授業実践者
今日の書籍:なし
今日の写真:photo-AC 様:しみるけい さん

avatar
1024
  Subscribe  
更新通知を受け取る »