配列変数を利用するには(基礎編)

◆PROCESSING 逆引きリファレンス

 カテゴリー:プログラミング

【解説】
プログラミングをしていると、どの言語であっても大抵の場合は配列変数を扱う機会があります。

多くのプログラミング言語では、様々な値を変数に格納します。
変数に「どんな値でも格納できる」という言語もありますが、PROCESSINGでは変数に格納できるデータの種類を決めています。

配列変数とは、同じ型(どのような値を扱うのかが同じタイプ)の変数を、同じ名前でひとまとめにして、変数に連番(添字)を付けて扱えるようにしたものです。

ArrayListやStringも配列変数の仲間になります。PROCESSINGで扱う型の詳細については「PROCESSINGで扱える基本データ型とは」記事を参照してください。ただし、ここではヤヤコシイので、単純な変数を格納する配列変数について考えてみましょう。

洋服をしまうタンスを思い浮かべてください。タンスには(原則として)服しか入れないものとします。タンスの中に「おもちゃ」や「食べ物」を入れてはダメです。あくまで服だけをしまいます(笑)。

こう考えると、タンスは「服」という型のデータを格納する変数と考えることができます。この時、タンスの各引き出しが配列変数になります。この引き出しに0、1、2、3・・・と番号(添字)を割り振り、「XXXくんのタンスの、1番目の引き出しに青いパンツをしまってね」というふうにプログラミングします。

タンス
(画像URL:illust-AC 様:かえるWORKSさん、acworksさん)

PROCESSINGはオブジェクト指向言語ですので、配列変数には宣言と確保という2段階があります。

【構文】
●宣言例

●確保例

【注意】
colorというのはPROCESSING独自の型です。RGBやHSBなどの色情報を管理する変数になります。

確保例では、各型の変数を10個(0 – 9)確保しています。 new は「新たに確保しなさい」という命令で
変数名 = new 型 [確保数]
と記述します。

宣言と確保(初期化)を同時に行うことも可能です。

【関連記事】
PROCESSINGで扱える基本データ型とは
第4章:ハイスコアを記録する(その4)
配列変数を利用するには(応用編)


●配列変数例1:

String型の変数とint型変数を、宣言と同時に確保(初期化)しています。
その後で、それぞれの配列変数を添字を指定して取り出し表示しています。

<出力サンプル>
配列sample1

 

●配列変数例2:

int型の変数を宣言し、その後で10個確保しています。
6番目(0から始まるので)の位置に90を格納して、表示しています。

<出力サンプル>
配列sample2

 


PROCESSING逆引きリファレンス一覧 へ戻る

本ページで利用しているアイコン画像は、下記サイト様より拝借しております。各画像の著作権は、それぞれのサイト様および作者にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)