点を描画するには

◆PROCESSING 逆引きリファレンス

 カテゴリー:図形描画

点を描画するには

【解説】

直線、円、四角形、三角形・・・PROCESSINGで手軽に描画できる図形はいろいろあります。しかし、最も基本となるのは点を打つ(描画する)事ではないでしょうか?。その気になれば、点だけで絵だって書けます(笑)。

PROCESSINGで点を打つには point() 命令を利用します。

【構文】

void  point(  float  x,   float  y  );
void  point(  float  x,   float  y,  float  z  );

【パラメータ】

x:float:点を打つ横座標
y:float:点を打つ縦座標
z:float:点を打つ奥行き座標

【戻り値】

なし

【注意】

point(  x,  y,  z  );  は size() 命令で3D描画 ( P3D ) を指定した場合のみ、利用可能です。

x,  y は 通常は 0 から size() で指定した画面の横、縦の範囲内で指定しますが、範囲外を指定してもエラーにはなりません。点が描画されない事になりますが、その辺りはプログラマーに任されているようです。

点の色は、直前に使用された stroke() 命令に従います。点の大きさは、直前に使用されたstrokeWeight() 命令に従います。

特に stroke() 命令や strokeWeight() 命令を使用していない場合、初期値は、大きさが1ピクセル、色は黒( RGBで0, 0, 0 )になります。

【関連記事】

  • なし

サンプルプログラム

2Dの点を描画する例:

画面中央(150, 150)に、大きさ8ピクセルの青い点を描画します。

<出力サンプル>
point2Dサンプル

 

3Dの点を描画する例:

(上記サンプルは Qiita 様に投稿されていたものを、改編して利用しています。)

縦横奥行きが250の立方体を描画し、その中に収まるように100個の点を打っています。
その後、3Dである事がわかるようにY軸で回転させています。

SF映画に出てきそうな、ちょっとカッチョいい画面になります(笑)。

<出力サンプル>
point3Dサンプル

 


PROCESSING逆引きリファレンス一覧 へ戻る

本ページで利用しているアイコン画像は、下記サイト様より拝借しております。各画像の著作権は、それぞれのサイト様および作者にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)