コンソールに文字や数値を表示するには

◆PROCESSING 逆引きリファレンス

 カテゴリー:デバック関連

【解説】
コンソールに変数の中身や、文字、数値を表示するには print() /println()命令を利用します。実行結果ウィンドウには表示されません。
ですので、プログラマーがデバックを行う際に利用するのが主になるかと思います。

【構文】
print( data );
println( data );

【パラメータ】
data 出力したい変数
boolean, byte, char, color, int, float, String, Object など

【戻り値】
なし

【注意】
print()命令は最後に改行しません。改行したい場合は prinyln() 命令を使用します。

【関連記事】
第2章:はじめてのプログラム


●値や文字列を直接コンソールに表示する例:

<出力サンプル>
print_exsample01
<解説>
print( 値 );  形式で用い、値を直接コンソールに表示します。
変数には、整数型(int、short、long)、浮動小数点型(float、double)、文字型(char)、文字列型(String)、真偽値 型(boolean)、バイナリ値型(byte:1byteで表現できる範囲:-126から+127まで)などが渡せます。

 

●変数の中身をコンソールに表示する例:

<出力サンプル>
print_exsample03
<解説>
print( 変数 ); 形式で用い、変数の中身をコンソールに表示します。
変数には、整数型(int、short、long)、浮動小数点型(float、double)、文字型(char)、文字列型(String)、真偽値型(boolean)、バイナリ値型(byte:1byteで表現できる範囲:-126から+127まで)などが渡せます。


PROCESSING逆引きリファレンス一覧 へ戻る

本ページで利用しているアイコン画像は、下記サイト様より拝借しております。各画像の著作権は、それぞれのサイト様および作者にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)