利用する文字データを指定するには

◆PROCESSING 逆引きリファレンス

 カテゴリー:文字関連処理

利用する文字データを指定するには

【解説】
PROCESSINGでは複数の文字を、切り替えながら表示することが可能です。

文字の切り替えと文字サイズの指定には textFont()命令を使います。
textFont()で指定されたフォントデータは、再度指定されるまで、以降のtext()命令において有効となります。

【構文】
textFont( PFont );
textFont( PFont, size );

【パラメータ】
PFont:PFont 型の任意のフォントデータ
size    :int 型のフォントサイズ

【戻り値】
void

【注意】
textFont()で指定するフォントデータは、事前にcreateFont() で作成するか、 loadFont() 命令を用いて読み込んでおく必要があります。

textFont()でsizeを指定しない場合、読み込まれたフォントデータのオリジナルサイズが採用されます。文字サイズは別途、textSize()命令で指定する事も可能です。

今回は Collis 様のサイトなどを参照し、以下の3種類の文字をダウンロードして、PROCESSINGが扱えるvlw形式に変換しています。
vlw形式?、文字の準備?と思われた方は「文字データを読み込むには」を参照してください。

●利用させて頂いたフォント
1)IPA 様: ipag.ttf
2)フォントな 様:ふぉんとうは怖い明朝体.otf
3)font sumono 様:keifont.ttf
各作者の皆様、ありがとうございます。

【関連記事】
第2章:文字を表示しよう
文字データを読み込むには


●いろいろな文字を使う例:

<出力サンプル>
fontDisp_sample

 


PROCESSING逆引きリファレンス一覧 へ戻る

本ページで利用しているアイコン画像は、下記サイト様より拝借しております。各画像の著作権は、それぞれのサイト様および作者にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)