目標を立てる

こんにちは、MSLABOです。

「一年の計は元旦にあり」という諺(ことわざ)があります。正月はのんびりと過ごす貴重な時間です。それと同時に、今後の目標を立てる良い機会でもあります。

今日のポイント

 

短期目標を立てる

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

自己啓発書を読んでいると、なんとなく毎日を過ごすのではなく、具体的な目標を定めて過ごしなさいと書かれているのを目にします。

目標には、近い未来に対する目標(短期目標)と、比較的遠い未来に対する目標(中・長期目標)がありますよね。

どの程度を短期といい、どこからが中・長期なのかは人それぞれでしょう。ちなみに私の場合は、短期目標は1年先としています。

目標を定める時は、「予定として書く」のではなく「既に叶った事(既成事実)として書く」ことがポイントだといいます。たとえば「XXXする予定です」「YYYします」ではなく、「XXXしました」「YYYとなりました」と書くのです。

また短期目標は、具体的に書く事もポイントです。ですから

  • ブログを更新しました(更新します)。

ではなくて

  • ブログを3日に1回は更新しました(更新します)。

と書くほうが良い事になります。

『幸福になりたければ、何か目標を立てて、それに自分の考えのいっさいを注ぎ込み、今まで抑えられていた底力を一斉に解放し、希望を高めることだ』
デール・カーネギー デール・カーネギー:自己啓発家、著述家

他者依存な目標は立てない

目標を具体的に立てる事は良い事です。しかし、その際に陥りやすい罠があります。それは他者依存な目標を立ててしまう事

例えば、「ブログのアクセス件数をXXX件以上にします」とか、「年収をYYY円以上にします」とか、「ZZZさんと恋人になります」といったものです。

会社や組織の目標であれば、話は別かもしれません。

しかし個人の目標に他者依存な目標を入れる事は、オススメできません。なぜなら、他者依存な目標は、自分の努力次第で叶うとは限らないからです。

ブログのアクセス件数は、まさに人任せですよね。年収だって、会社や社会の景気に左右されます。仲良くなれるかどうかは、あなたの行動だけではなくて、彼氏(彼女)の気持ち次第です。


依存

(画像URL:illust-AC 様:海星☆☆さん)

だから「ブログのアクセス件数をXXXXX件以上にする」という他者依存な目標を立てるのではなく

  • ブログのアクセス件数を伸ばすために、YYYYという工夫をする

といった、自分の行動で制御できる目標を立てるのです。

同じように「XXXさんと恋人になる(仲良くなる)」なら

  • XXXさんが振り向くような素敵な自分になる

とします。

彼氏(彼女)に振り向いてもらえるかどうかはわかりません。ですが(誰もが振り向きたくなるような)素敵な自分には、自分の努力次第でなることが出来ます。

長期目標を考える

目標には短期目標以外に、中・長期に渡る大きな目標も必要です。いわゆる「人生の目標」というやつです。

なぜなら、短期目標だけで過ごしていると、結局自分は何処を目指して走っているのか、わからなくなってしまうからです。

ただし中・長期目標をたてる際は、「具体的な目標」を設定するのではなく、「なりたい姿」を設定する事がポイントです。ここが短期目標の時とは、大きく異なります。

  • 5年後までに美容師さんになっている

という目標は、悪くはありません。

でもちょっと具体的過ぎるんですね(笑)。長期目標は、長い間にいろいろな事情に左右されます。親や子供、友達、会社、景気、社会状況・・・。自分の努力とは無関係に、裏切られることもあります。

もちろん、具体的な目標が叶えば嬉しいです。それに越したことはありません。

ですが、具体的すぎる目標は、「叶った途端に熱が冷めてしまう」事もあります。いわゆる燃え尽き状態というやつです。また具体的すぎる目標は、叶わなかった時に、ひどく落ち込む原因にもなります。

だから中・長期目標には、具体的な目標よりも「あなたが、なりたい姿」を描きます

『目的は必ずしも達成されるために設定されているわけではなく、照準点とか方位点として役立たせるためである。』
ジョセフ・ジュベール ジョセフ・ジュベール:哲学者、随筆家

例えば先の目標なら

  • 5年後までに、人を美しくして喜ばれる仕事をしている

といった感じです。

これなら仮に美容師になれなくとも、衣装アドバイザーや着付け師、化粧品関連の仕事に就いていたって、目標を達成したことになるんです(笑)。

大切な事は「なりたい自分」です。その具体例の1つに「美容師」があるだけで、それが全てではありません。

目標を目指す
(画像URL:photo-AC 様:acworksさん)

そして1年ごとの短期目標が、人生の大きな目標に沿ったものであるかチェックをかけます。

1年の目標を、人生の大きな目標に沿ったものにすれば、毎年確実に「なりたい自分」を目指しているという実感が持てます。

目標は可視化しよう

目標は頭で考えるだけではなく、紙に書き出すと良いです。そのように薦めている自己啓発書も沢山あります。

中には手書きを薦めている書籍もありますが、私は手書きにこだわる必要はないと感じています。それよりも、頭の中にあるイメージを物理的に落としこむ(見える化する)事の方が重要です。

頭の中にあるイメージを「見える化」するのに便利なツールとして、マインドマップがあります。Googleなどで検索すると、たくさんのアプリケーションがヒットします。

マインドマップ
(画像URL:みんなで描いた!マインドマップギャラリー 様)

私も人生の目標を立てる際に、マインドマップを利用しました。

最近のマインドマップは、文章だけではなく絵や写真(場合によっては動画など)も取り込んで、美しい地図を書き上げる事が可能です。

みなさんも、1年の最初にあたって、ぜひ試してみては如何でしょうか?。日頃考えているモヤっとしたイメージを可視化すると、頭の中がスッキリして、それだけで「やる気」がでてきます。

あ、くれぐれも「書くだけ」で満足はしないで下さいね。あくまで地図は地図でしかなく、達成するには行動が必要ですから(笑)。私も地図を書くだけで満足してしまい「ふぅ、やったぜー。疲れたから寝よ」となってしまう方ですので・・・(汗)。

今年も1年が、自分の人生の目標を達成する確実な1年となりますように。そして、皆様と私にとって良い年でありますように、お祈りしています

今年もよろしくお願い致します。

名古屋:伏見のオフィスより感謝を込めて。

長い文章を読んで頂き、ありがとうございます。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。


img2
今日の学び:目標を立てよう!
今日の箴言:
デール・カーネギー:自己啓発家、著述家
ジョセフ・ジュベール:哲学者、随筆家
今日の書籍:なし
今日の写真:illust-AC 様:カナゴンさん

avatar
1024
  Subscribe  
更新通知を受け取る »