お金を使うときに与えるもの

こんにちは、MSLABOです。

お金は稼いでも、知らない間に減っていきます。コンビニや銀行のキャッシュディスペンサーで数枚の諭吉さんを財布にご招待したにも関わらず、いつのまにかどこかへお出かけになってしまいます(笑)。

お金を稼ぐ方法について書かれた本は数多くありますよね。
「年収1億円を目指す!」みたいな威勢のよいタイトルの本が何冊も売られていますし、私の本棚にもその手の本が数冊ありますw。

そんな中で稼ぐ方ではなくて、「お金を使う時」の作法について書かれた本に出会いました。
3週間続ければ一生が変わる:ロビン・シャーマン:海竜社」です。

ロビンの指摘はこうです。
お金をつかうときに、感謝しなさい

誰に?・・・そもそも使ったのは自分で稼いだお金ですよって、思わずツッコミを入れたくなりますが(笑)、要約するとロビンの主張は次のようです。

あなたや私がお金を使うと、まずサービスや物を売った人が喜びます。例えばコンビニで物を買えば、コンビニの店員や経営者(店長)が喜びます。

アルバイト店員の人は「忙しくてもヒマでも時給XXX円だから、忙しいよりヒマな方が良い」なんて思うかもしれませんが、店が繁盛すれば時給だって見直されるかもしれません。

商品が売れて在庫が少なくなれば、新しい商品を仕入れる必要が発生します。
ですから物が売れると、その店に商品を運んでくる物流会社の人(トラックのお兄さん)が仕事が増えて喜びます。

商品を作っている会社(お菓子や食品メーカーなど)も喜びます。
さらには商品を作っている会社に原材料を売っている人達(例えば農家や酪農家などの一次生産者の方)も喜びます。

このように自分のお金が、グルグルと人から人へ伝搬し、沢山の人に「喜び」を与えるわけです。
ThanksRing
また、そのお金は、「給料がもらえて嬉しい」といった直接的なものだけでなく、沢山の人の食費や生活費、衣服を買うお金や娯楽を楽しむお金に変わって、そこでも喜びを作り出します。

ですのでロビンはお金を使うときに
このお金に触れる全ての人が幸せになりますように。人生を高め、豊かになれますように」と感謝し、祈りなさいと言うわけです。

そしてここからがポイントなのですが、その後にこう続けます。
そしていつか、自分の手元に100万倍になって戻って来なさい」(笑)。

えーと、今日はコンビニで1000円ほどの買い物をしたので、100万倍といえば10億円?でしょうか・・・w。

『与える手が美しければ、受け取る手も美しい』
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ:ドイツの詩人

ゲーテは上記のように述べているそうですが、「与える手=使う」事を美しく行うことができれば、「受け取る手=収入」も豊かになるのかもしれません。

また

『我々は何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる。』
アルベルト・シュバイツァー アルベルト・シュバイツァー:ドイツの哲学者・医者・神学者

という言葉もあります。

そういえば誰かの本で
GIVE & TAKE(ギブ アンド テイク)はGIVE(与える)が先に書かれているでしょ?。何かが欲しければ、まず与える事が先決ですよ
というのを読んだ記憶があります。

これからはお金を使う時に、感謝を添えて(与えて)みたいと思います
与える手が美しければ、受け取る手も美しい・・・諭吉さん、100万倍になって戻ってきてねw。

長い文章を読んで頂き、ありがとうございます。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。


img2
今日の学び:お金を使う時は感謝を添えよう!
今日の箴言:

  • ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ:ドイツの詩人
  • アルベルト・シュバイツァー:ドイツの哲学者・医者・神学者

今日の書籍:3週間続ければ一生が変わる:ロビン・シャーマン:海竜社
今日の写真:lllust AC 様: 麦さん

avatar
1024
  Subscribe  
更新通知を受け取る »